ニキビ 悩んだら 見たい

ニキビの種類と予防について

ニキビの種類と予防

思春期と呼ばれる10代にできることの多いのが、顔にできるニキビですが、最近は10代ばかりではなくて、社会が熟成してきた反面として、不規則な生活やストレスの多い生活を送るために、自律神経やホルモンのバランスが崩れることによって、10代以外の年代でもニキビがよくできる人も増えてきているのです。さて、こうしたニキビの種類としては、典型的なものは赤く腫れ上がったものになりまして、これは皮膚が炎症を起こしているサインです。また、白っぽいニキビもありますが、これは皮脂が毛穴に詰まっている状態になります。このほかにも、ニキビができたあとに、顔の皮膚に穴が残ってしまうものがありますが、これは真皮にまで炎症が波及して、跡が残ってしまうのです。こうしたニキビは、基本的には思春期にホルモンがたくさん分泌されますので、それによって皮脂がたくさんできやすくなったり、汗をたくさんかきやすくなることなどが重なって発生します。このため、ニキビの予防には、皮脂の分泌を抑制することは思春期には難しいですが、大人の場合には、不規則な生活によって皮脂が分泌されやすくなりますので、注意が必要です。また、洗顔も大切な要素で、皮脂を残したままの不潔な状態にならないようにしなければなりません。

ニキビ対策の方法について

ニキビ対策の方法ニキビは若い頃にはつきものです。しかし、若い頃に全員がなるわけではありません。また、ニキビになったとしても、顔中に広がってしまい、治るまでに長期間かかる人と、ポツポツと少しだけしかできなくて短期間で治る人がいます。これらは、ニキビ対策の方法による違いです。ニキビの原因は、毛穴の細菌による炎症と言われています。若い頃は、皮脂がたくさん出ますから、毛穴がつまりやすくなっており、毛穴がつまるとドンドン皮脂や角質が溜まっていき、それらを栄養とする細菌が増殖します。その細菌が赤いポツポツの原因となっているわけです。ですから、ニキビ対策としては、洗顔しかありません。皮脂で毛穴がつまらないように、こまめに洗顔をしていれば、ニキビを未然に防止できるわけです。なお、若い頃は皮脂の量も多いので、洗顔クリームなどを使うのも良いでしょう。ただ、あまり洗顔ばかりしていると、皮膚を守るために皮脂が出やすい体質になってしまう可能性があるので、適度な洗顔としてください。コツとしては、直接、手やタオルで顔をゴシゴシ洗うのではなく、洗顔クリームなどの泡で、撫でるように洗うことです。もちろん、このように洗顔をしていても、若い頃はニキビになってしまうことはありますが、ずっと軽めの症状となるでしょう。